LOG IN

初春のお慶びを申し上げます

by スミドラのつづり言

2020年1月8日ー紡ぐー

旧年中はご愛顧賜り

ありがとうございます

本年も宜しくお願い致します

気がつけば、もう8日。

年末年始の食べ飲みの疲れは、

昨日の七草粥で少しは和らいだ

でしょうか?

今年は珍しく七草粥を作り、

胃腸の疲れを和らげられた

はずだったのですが…

物足りなく、

結局おせちの残りの

伊達巻き5切れをパクッと( ̄▽ ̄;)

食欲に負けた七草粥を

迎えた次第です(^◇^;)

七草粥の風習は、

日本古来の「若草摘み」という

年初めに若菜を摘んで

自然界から新しい生命力を

いただく風習と結びついて、

平安時代の宮中行事として

食べられたのが

始まりだそうです。

七草の一つ「せり」の香りには、

心身ともにハツラツとさせる力が

あると言われています。

貝原益軒の養生訓の中に、

香りは正気を助け、

邪気を祓い、

悪臭を消し、

汚れを去る。

たまには

植物の匂いや香りを

薫いてそれを味わい、

心を養え

と記されています。

初春の野から摘まれた

野草の生命力を食して、

邪気を祓う

胃腸の労りは半減しましたが、

邪気祓いはできているはず(ー ー;)

今年は

私なりのペースで

昨年よりも、

思いや学びを綴っていこうと

思います。

#新年のあいさつ

#七草粥

#七草粥の由来

#ブログを紡ぐ

OTHER SNAPS