LOG IN

検査値セミナー

by スミドラのつづり言

検査値セミナー

2019年7月20日ー学びー

検査値セミナーが始まって

5年目を迎えるそうで…

そんなに月日が経っていたのか…

という驚きと、

これまで学んだ検査値についての

アレコレは、

今日までに

落とし込めているのか(^◇^;)と、

ちょっと不安に感じつつも、

【自分なりにノートに

まとめたんだけど、

パッと見、分からないという

致命的なまとめ方に

なっているので( ̄▽ ̄;)】

次のステップとして、

「病気以外の検査値変動要因」

学ぶことに。

その1回目が「男女の検査値の違い」

検査値の中には、

共通の基準値と男女別の基準値が

あります。

・赤血球数

・ヘモグロビン

・ヘマトクリット(血球の容積比)

・γGTP

・尿酸

・HDLコレステロール

・クレアチニン

・尿素窒素(BUN)

・中性脂肪

これらの検査値項目による

男女の違いは、

▶︎ホルモン

▶︎筋肉

▶︎生活習慣

3つの影響があります。

これを聞くまで単純に

体格の違いだと

ぼんやり思っていた(^◇^;)ので、

驚きました。

男性ホルモン、

女性ホルモン、

それぞれの

ホルモンの影響によって、

高めになる基準値、

低めになる基準値があり、

加齢によって

ホルモンも変動するので、

基準値から外れた場合は、

その影響があるのか、

また女性は妊活などで

ホルモン治療を受けている場合が

少なくないので、

ホルモンの値だけでなく、

その検査項目も合わせて

みた方が良いこと。

筋肉では、

筋肉のゴミであるクレアチニンの

基準値の復習も兼ねて。

一般的に男性の方が筋肉量が

多いので、男性の基準値は高めに

なっているんですが、

筋肉量で左右される

検査項目なので、

体格が筋肉質なのか、

ジムなどで定期的に

運動をしているかで、

クレアチニン値を基準値だけで

判断しないように気をつけないと

いけないなど…

生活習慣では、

中性脂肪が高くなる理由、

尿酸が高くなる理由が

男性と女性、

それぞれ違うので、

合わせて

食生活をしっかりお聞きする。

これらのことを踏まえて、

検査値を見る大切さなどを

学びました。

人生、一生勉強

という言葉がありますが、

本当にそうだなぁ…

常に意識して

復習をし続けないと!と、

良い刺激をいただきました。

#血液検査値 #男女の検査値 #セミナー

OTHER SNAPS